2010年10月17日

KAIBIGAN(相模原・フィリピンレストラン)

今回はフィリピンレストランのKAIBIGANについて
書きます手(パー)


まず場所からですが
相模原駅方向から西門へ行く通り。。。


パンドラとか千年の宴をもう少し通り越した所に
今回のお店はあります。


一応


「フィリピンレストラン」


と、書きましたがBARとかスナックって感覚の方が近いかな?


ちなみにKAIBIGAN(カイビガン)とは
フィリピンの言語タガログ語で友達と言う意味ですぴかぴか(新しい)


目立たない位置なので見過ごし注意ですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
(何軒か店が並んでてラーメン屋の天狗などがあります)


ここ前は同じくフィリピンレストランの


「K-ren」


って言うお店でOPENした頃は
750円位のランチがあったり
日曜日はファミリーデイって事で
1000円で食べ放題だったりして
フィリピンのイメージってあまり良くないので
こういうお店の存在で身近に感じてくれたり


「フィリピン料理ってこんな感じなんだ〜」


って思ってくれたらなと期待もしてましたし
知り合いにもけっこう紹介したんですが
そのうち食べ放題も告知無く終了したり
ランチも段々と休む様になったりたらーっ(汗)


そんな感じで自分のお客さんや知り合いからも


「行ってみたいんだけど休みだった〜」


とか


「食べ放題じゃなくなってたよ〜」


と、言われ迷惑を掛けましたあせあせ(飛び散る汗)


まぁ 全てのお店ではないですが
フィリピン人が経営するお店って言うのは
色んな面でルーズな場合が多くて
フィリピンではそういう事が当たり前で通用もするけど
日本で商売をするなら日本人に合わせないと
中々難しいんじゃないかと思います。


で、結果いつの間にか潰れ
今回書くお店になりました。


そして今回のKAIBIGANですが
まずお店はカウンターが7〜8席と
テーブルが2席ほどかな?


30〜40代位のフィリピン人が2〜3人でやっていて
ビールや焼酎やちょっとしたカクテルと
ボトルキープなどもある様で
この辺はスナック感覚。


金額的には自分が行った際には飲物が500〜600円からで
チャームやTAXは掛かりませんでした。


こういう所はBARっぽいかな?


まぁ お店に居るフィリピーナはあまり話しかけてこず
常連さんなどと話していて
恐らくこういう常連さん達は色々御馳走もするんでしょうが
(食べ物や飲物など)
自分には接客もあまり無い代わりに
ドリンクやらフードの要求もありませんでした。


フードは1000円位のが多かったかな?


ちなみに多分ですが火曜日が定休で
営業時間は17:00〜24:00位で
日曜日は15:00位から
食べ放題がやってるそうです。(当時の話しで)


↑にも書きました通り
フィリピン関係のお店は営業形態は時間など
けっこうコロコロ変わる場合も多いので
参考程度にって事でよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)



「せかとも」世界中で新しい友達を作ろう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165997320

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。