2010年09月01日

トロトロ・TURO-TURO(相模原・フィリピン料理レストラン)

さて今回はフィリピンフードレストランの
トロトロ・TURO-TUROについて書きます手(パー)


韓国料理・中華料理・タイ料理なんかはメジャーで
かなりの人が食べてるでしょうけど
フィリピン料理って中々食べる機会ないですよね〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


多くの人はフィリピンって言うとまず浮かぶのが
バナナですかね?


その他には少し前に流行ったマンゴーや
フルーツの王様ドリアンも
かなりの量がフィリピン原産だったりするのですが
ファミレスなんかで


「タイフェア」「韓国フェア」


とかって各国の料理を売りにするのがありますが
フィリピンはイメージがよろしくないのか
マンゴーブームの時も見かけた事がなかったバッド(下向き矢印)


後は意外かもですが昔流行った


「ナタデココ」


なんかもフィリピンの食べ物ですし
ミニストップで売ってる


「ハロハロ」


なんかもフィリピンの言語タガログ語で


「ごちゃ混ぜ」


って意味。


ただミニストップで売ってるのとはちょっと違い
例えるならかき氷の上に色んな果物やアイスなんかが乗ってて
それを混ぜてから食べるのでハロハロぴかぴか(新しい)


以前ミニストップがハロハロを発売した際
ドキュメンタリーで開発の人が
フィリピンでハロハロを食べてるのをやってましたわーい(嬉しい顔)


って事でトロトロのお話し手(パー)


場所はJR相模原駅から駅前の横浜銀行とミスドの道を
ミスドの方から吉野家へ向かいます。


吉野家を左に曲がるとラーメンの相模家に着くので
着いたら右へ。


相模家の隣りがトロトロなんですけど大体の人は


「こんなとこにこんな店あったんだ」


って感じかも知れません。


ここミスワールドと言うフィリピンパブのオーナーが
経営してるのですが
料理や接客をするのはフィリピン人。


基本恐らく今でもフィリピン人のおじさんが料理をしてて
ある程度の割合でフィリピン人女性が一応接客してる感じ。


まぁ おじさんの方は日本語が上手いので
英語やタガログ語が分からない人だけで行っても
そんなに困る事はないですし
メニューには日本語で料理の説明も載ってます手(パー)


ただ基本おかずだけで800〜2500円位するので
一人でと言うより数人で行った方がいいかもわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


で、ちょっとつまみながらみたいなぴかぴか(新しい)


だけど正直他の中華とか韓国料理店に比べると
閉鎖的な感じもするし
値段も決して安いとは言えないたらーっ(汗)


どうしてもマイナーなのでお客さんも少なく
そうなると回転率で勝負ではなく
一人のお客さんからある程度取らないと経営的にねふらふら


お勧めはアドボと言う肉や野菜の煮込みや
確か2000円位するんですけど


「クリスピーパタ」


と、言う豚もも肉のカリカリ揚げは
珍しく食べて感動した料理でしたるんるん


後は自分はカレカレと言う牛肉のピーナッツソース煮が
けっこう好きなんですけどこれは好き好き分かれるかもわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


ちなみに前はお客さんと飲み終わった後
一人でカウンターに座りカレカレを食べながらTVを観てたり


「久しぶりにフィリピン料理食べたい」


と、フィリピン人に言われるとよく連れていったな〜ぴかぴか(新しい)


相模原駅前には一応三件のフィリピン料理レストランが
あるのですが
残りの二軒はスナック要素が高いので
ちゃんと料理を食べたければまだここがマシなのです。


しかし大体客層って言うのは
フィリピン人の水商売とそのお客さんって感じだったり
フィリピン人好きの人が多いので
中華や韓国料理的に入るのと違い浮いてしまうかもあせあせ(飛び散る汗)


以前はタガログ語でバクラと言うオカマの人が料理を作ってて
中々会話も楽しかったり愛嬌もあって
一人で行くと色々話したりもしてたので
それも楽しくて行ってましたが
そのバクラが居なくなってからはほとんどが接待でしたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


まぁ ボラれたりする事は恐らくないので
フィリピン料理に凄く興味があれば
行ってみるのも悪くないかも知れません手(パー)


ちなみにお店の住所などは不明。


営業時間は確か午後18時位から
朝5時か6時までだったと思います手(パー)


★━━━━━━━━━━━━☆★☆━━━━━━━━━━━━━★

      毎日、英語を喋らなきゃ意味がない!!

          ♪月額6,800円♪

       【イングリッシュチャンネル】


         
 オンライン英会話のイングリッシュチャンネル ←Click Here

---------------------

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



 フィリピンと日本を繋ぐ英会話サイト



    教材費は一切必要ありません。(☆。☆)キラキラ


■─なぜフィリピン?───────────────────■

     実は世界で3番目に英語を喋る人口が多い国!

■─先生は?───────────────────────■

     高学歴の英会話講師経験者ばかりです!

■────────────────────────────■

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フィリピン料理
Excerpt: フィリピン料理と言っても日本人にはなじみがほとんどありませんね。 なぜかと言うと、正直あまりおいしくはないから……… と言っても、食べれないわけではありません。 イギリス料理よりはましだと私は思っ..
Weblog: フィリピンの旅
Tracked: 2011-02-28 22:44

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。